大村神社 例祭

毎年11月2日・3日に、地震の守護神としてあがめられている大村神社の例祭が行われます。大ナマズの花車をはじめ3台の神輿とユニークな獅子舞が練り歩きます。

 

【場 所】 大村神社  伊賀市阿保1555

【日 時】 毎年11月2日・3日
        《宵宮祭》 11月2日
        祭講参拝  午前8時〜
        常夜灯点灯 午後6時〜
        宵宮祭   午後6時半〜
        獅子舞奉納 午後7時半〜

        《例大祭》 11月3日
        秋季例大祭 午前11時〜
        湯神楽神事 午後0時20分〜
        神輿・なまず祓式 午後0時30分〜
        奉祝餅撒き 午後0時40分〜

【お問い合わせ先】
 大村神社社務所  TEL 0595-52-1050

 

2日の宵宮では、各地区から奉納される獅子神楽が舞われ、祭りは夜遅くまで賑わいます。

 

大村神社の秋祭りで奉納される獅子舞とは『獅子神楽』のことで、伊賀の獅子舞いは、すべて伊賀市一之宮の敢国神社から教えられたものと言われています。同社の獅子神楽栞によると「起源は詳でないが、慶長年間藤堂公が上野城を治めるようになった頃から、鬼門守護の神として同宮を崇敬し、獅子神楽を奉納させていた。享保年間からは、悪魔払、厄除獅子として、伊賀の国中を巡奉させることになった」とあります。

 

獅子神楽以外にも、秋祭を盛り上げるものとして、大ナマズの花車があります。

大村神社に鎮座する『要石』は、地震を呼ぶ巨大なナマズを抑えているといわれ、
それが由来で大村神社は「地震の神様」として有名です。この要石の前に置かれた石のナマズを模った大ナマズを花車に乗せて、神輿と共に阿保の町中を練り歩きます。
花車に乗った大ナマズは、どんな揺れにもビクともしない要石のお供として、地震の災禍から守ってくれる有り難いナマズです。

大村神社

 

宝殿・国指定重要文化財

[住 所] 伊賀市阿保1555
[電 話] 0595-52-1050
[Web] 大村神社

嘉永7年6月15日(1854年7月9日)に発生した、安政の伊賀上野大地震の時には、伊賀上野付近の死者が約600名、家屋の全崩壊約2,000戸という惨状でしたが、この要石の御霊験によって、阿保地区だけは不思議と難を免れたと言われています。大村神社には『ゆらぐとも、よもやぬけまじ要石、大村神のあらんかぎりは』と立札が立てられています。毎年9月1日に地震除災大祭が行われます。

大村神社は「地震の神さま」として全国からの参拝客が多い神社で、ズラッと並んだ「欄干なまず」は訪れる人を和ませています。

大村神社の宝殿は、天正9年(1581)、天正伊賀の乱の兵火によって焼かれましたが、天正15年(1587)に再建され、豪放華麗な桃山様式の建築美が後世に残され国の重要文化財に指定されています。

虫喰鐘(むしくいかね)
日本三大奇鐘の一つとされており江戸時代に造られ虫が食べたような姿から「虫喰鐘」と呼ばれています。ご自由にご覧いただけます。

 
>>当サイト「イベントカレンダー」へ


大きな地図で見る

前のページに戻る