忍者にまつわるスポット

伊賀市には忍者にまつわるスポットが数多くあります。
天正伊賀の乱のゆかりの地についてはコチラ

千方窟

千方窟

4人の荒法師(金鬼・風鬼・水鬼・穏行鬼)を部下に従えた豪族・藤原千方将軍が朝廷に反乱を起こした際に立てこもり激しい戦闘を繰り広げたと伝わる岩城。
4匹の鬼が「忍術の祖」であるとして伊賀南部や奥伊勢地方で今なお語り継がれている。
もっと詳しく

手力神社

手力神社 手力神社例祭

 

三大上忍の一人・藤林長門守の氏神で天手力雄命(アメノテヂカラオノミコト)を御祭神としています。毎年10月17日には伊賀で一番遅い奉納煙火があり、火術・火筒・狼煙などの火の術を得意とした長門守が奉納したのが始まりとされます。
また、本殿には数百年分の祈願布が結び付けられた約2tに及ぶ日本一重い「鈴の緒」があります。

 

藤林長門守(ふじばやしながとのかみ) 城跡・墓碑

 藤林長門守城跡 藤林長門守墓碑

伊賀の三大上忍と呼ばれ、火の忍術を得意としていた藤林長門守の城跡が東湯舟にあります。城跡の近くにある正覚寺には、藤林一族の墓所があり、昭和48年9月1日に市指定文化財に指定されています。
もとは城跡に埋葬されていましたが、大正時代初期に正覚寺に移されました。

 

御斎峠(おとぎ峠)

IMG_0105okok.png 御斎峠

 

天正10年、本能寺の変で織田信長を討った明智光秀から逃げる際に、徳川家康が伊賀衆と甲賀衆に守られて通ったとされる峠で、小説「梟の城」の冒頭シーンの舞台にもなりました。近くの高旗山山頂からは、伊賀上野の城下町が一望できます。

 

服部半蔵生誕の地

千賀地城址-誕生の地碑 千賀地城址-服部半蔵故郷塚

 

服部半蔵正成は、徳川家康に仕え、「鬼の半蔵」の異名を持つ、最も有名な三大上忍の一人です。服部半蔵の父・服部保長が当地に移り、地名の千賀地を姓として城を築いたといわれる「千賀地城址」に、半蔵の生誕地碑が建っています。

 

百地氏城跡

  

百地丹波守は戦国時代には北伊賀地域の有力な土豪として知られており、この城跡は丘陵の尾根を利用してつくられたもので、最も山寄りの郭(くるわ)から現在の青雲禅寺まで含めると長さ250m、幅は最も広い所で60mで市内でも有数の規模となります。
この砦近くには式部塚と百地家菩提寺の青雲禅寺があり百地家代々の墓がある。

式部塚(しきみ塚)

式部塚 百地氏砦址

 

三大上忍の一人・百地丹波守の愛妾・式部に嫉妬した本妻は、丹波の弟子に命じて、式部を井戸に投げ入れさせ、後に本妻も同井戸に身を投げました。
それを知った丹波が、井戸を埋め塚を造り、樒(しきみ)を植えて二人を弔った事から「しきみ塚」とも呼ばれています。
ここに剃刀やハサミを供えると悪縁が切れるという云い伝えがあります。
また、この近くには多数の夫婦地蔵がありますので、悪縁を断ち切り、良縁を結んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

前のページに戻る