ようこそ「いがぶら」へ  伊賀をぶらりと旅してみたくなる伊賀市観光公式サイト

横光利一の跳ね釣瓶の庭

横光利一の跳ね釣瓶の庭

横光利一の跳ね釣瓶の庭1

「新感覚派」の作家、横光利一(1898〜1947)が小学生時代を過ごした伊賀市の屋敷跡の公園。
この土地の所有者である梅田卓さんが、2012年に
「横光と横光の作品に興味を持ってほしい」と現在のような公園に整備されました。

横光利一の跳ね釣瓶の庭2 横光利一の跳ね釣瓶の庭

横光利一の跳ね釣瓶の庭4 横光利一の跳ね釣瓶の庭5

 横光利一は母や姉と1904年(明治37年)から4年間、
伊賀市野村の母の実家の向かいにあった梅田さんの祖父の屋敷の2階に住んでいました。
横光が短編「笑はれた子」に書いた跳ね釣瓶は「この家の井戸の物だろう」と推測されることから
「横光利一の心のふるさと公園・跳ね釣瓶(つるべ)の庭」と名付けられました。

 跳ね釣瓶は支柱に上下に動く横木を渡し、井戸側に釣瓶を、反対側に重しを付け、
てこの原理で力仕事が軽減されるという仕組みになっています。

住所〒519-1405 三重県伊賀市野村291
入場料無料/いつでも見学が可能です



より大きな地図で 横光利一の跳ね釣瓶の庭 を表示

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional