ようこそ「いがぶら」へ  伊賀をぶらりと旅してみたくなる伊賀市観光公式サイト

陶器市・窯出し市

新緑伊賀焼陶器市

伊賀焼伝統産業会館

奈良時代から始まった歴史ある「伊賀焼」は、野性味と自然美が特徴的であり、
伊賀國を治めていた筒井定次や藤堂高虎が茶人であった事から、
茶の湯のセンスや心遣いも巧みに取り入れられています。

新緑陶器市 新緑陶器市

新緑陶器市 穴窯

伊賀焼の窯元が集まる伊賀市丸柱地区では、毎年5月2日〜4日に『新緑陶器市』が開催されます。
約30軒の窯元・陶芸作家の作品展示・即売や、地元の特産品・軽食・飲料水等の販売も行われ
また、5〜6窯元による対面販売や、陶芸体験も開催しており、
会場となる「伊賀焼伝統産業会館」では、期間中の入館料が無料になります。


▶詳しくは『伊賀焼振興協同組合HP』をご覧ください。

長谷園 窯出し市

窯出し市

毎年5月2日〜4日に「伊賀焼の郷 長谷園」では、『長谷園窯出し市』が開催されます。

窯出し市 福袋

窯出し市 伊賀焼

約40軒の窯元・陶芸作家の作品展示・即売や福袋販売、また、長谷園の人気商品
伊賀焼の炊飯土鍋「かまどさん」などのアウトレット販売なども開催されており、
沢山の人で賑わいます。また、築200年以上の当主・屋敷、庭園を開放して、
作品展示や野点のおもてなしも行っています。

長谷園 16連登り窯

  旧登り窯(国指定登録有形文化財)

天保3年(1832)の創業時より昭和40年代(1970頃)
まで稼働していた16連登り窯は、この大きさで
現存する登り窯としては日本ではこれだけだと
言われています。

登り窯のそばの階段を上っていくと展望台があり、
陶(すえ)の里が一望できます。


長谷園 大正館

  大正館(国指定登録有形文化財)

大正時代に建てられ事務所として使用されていた
「大正館」は、電話や金庫など当時の調度品を
そのままに、セルフでコーヒーを飲みながら
寛げる休憩コーナーとして開放されています。
コーヒーカップは伊賀焼で、飲み終わった後は
持って帰れます。



▶詳しくは『伊賀焼の郷 長谷園HP』をご覧ください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional