ようこそ「いがぶら」へ  伊賀をぶらりと旅してみたくなる伊賀市観光公式サイト

崇廣堂

史跡 旧崇広堂

auto-HA47oS.png

旧崇広堂は、文政4(1821)年伊勢津藩大10代藩主藤堂高兌(たかさわ)が伊賀、大和、山城に住む子弟を教育するため、津の藩校・有造館の支校として建てられたもので、創建当時は、講堂・講官控所・書庫・寄宿舎・台所などの建物がありました。

崇廣堂-赤門 学童出入り口

内観 内観

中庭 サルスベリ

嘉永7年(1854)に発生した安政の伊賀地震で、建物の大半が大破しましたが、翌年復興され、明治以降は小学校や市立図書館として使用されました。
現在は、補修工事などを経て、様々な文化啓発活動の場として市民に親しまれてます。

当時の資料が閲覧できる展示館も併設されていて、100年余前の人々の学びの精神に触れることもできます。
また中庭は、あじさいやサルスベリ、金木犀など四季折々の花を楽しめるスポットになってます。

旧崇広堂は、国指定史跡にもなっており、当時のおよそ半分の遺構が残っていて、現存している藩校としては近畿・東海地方においてはここしか見ることができません。

住所伊賀市上野丸之内78-1
電話番号0595-24-6090
開館時間9:00〜16:30
休館日祝日を除く火曜日
12月29日〜1月3日
入館料大人200円 高校・大学生150円 小・中学生100円
障がい者
割引入場料
大人・学生・生徒児童共に無料



大きな地図で見る

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional