ようこそ「いがぶら」へ  伊賀をぶらりと旅してみたくなる伊賀市観光公式サイト

あおやま地区

青山地区

▶各画像の上でクリックすると、拡大画像でご覧いただけます。

青山高原

見晴台からの風景風車

三角点の標高は756mで、見晴台からは
伊勢湾や知多半島まで、遮るもののない
景色が見渡せます。
周辺は東海自然歩道やハイキングコース
が整備され、三角点付近には誰でも
自由に利用できる休憩施設
「青山高原山頂小屋」があります。

青山高原 ブナの原生林

ブナの原生林ブナの原生林

奥山愛宕神社に向かう道中、ブナの原生林が見られます。
青山高原西斜面の谷間の一角で、1〜1,5haにわたり、
樹高30m、径30〜80㎝、樹齢150〜300年のブナが
群生しています。本来、ブナが生息しないと言われている
海抜640mに生息する珍しいブナの原生林で、
昭和48年3月31日、県の天然記念物に指定されました。
特に春は新緑が大変きれいです。

尼ヶ岳

尼ヶ岳尼ヶ岳からの風景

南青山と言われる伊賀市の南端、伊勢美杉村との
境界にまたがる標高957.7mの雄峰で、首ヶ岳や
大山ヶ岳、また山の形が富士山に似ているので、
古くから“伊賀富士”とも呼ばれています。
麓から山頂までの間には5カ所の小さい平地があり、篠広・明星広などの名がついています。
高山植物の種類も多く、化石も採集されています。

東海自然歩道

東海自然歩道東海自然歩道

東海自然歩道は、”生活の中に自然をとりもどそう”
という趣旨で昭和44年1月に設定された
長距離自然歩道です。
そのコースが伊賀市を通っている間、伊勢湾と
大阪湾の分水嶺を歩くことになります。
奥山愛宕神社の霊域とブナの原生林をぬけて
青山高原を通り、青山峠を横ぎって
南青山の尼ヶ岳へと向かっています。

ほたるのふる里

ほたるのふる里見晴台

国見地区の国見山一帯は天正伊賀の乱で決戦場となり、多くの伊賀者が
ふるさとを守るため散っていきました。
夏になると先人の霊を癒すように、
蛍の乱舞が美しい地域となっています。
見頃は6月初旬〜7月中旬まで。
20時〜21時頃によく見られるそうです。

桜山公園

記念植樹杯碑桜山公園

町を見渡す公園には約200本の桜が植えられ、
春には見事な情景を生みだします。
大正天皇ご即位の際の記念植樹杯碑が
阿保字西の澤の川上ダム建設予定地にあったため、
平成20年6月にこの地に移設されました。

 >>前のページに戻る


▽マップ上の「にん太」と「しのぶ」をクリックすると各名称が表示されます


より大きな地図で 青山地区 を表示

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional