忍者のふるさと

 

 

謎めいた存在で人々を惹きつけてやまない忍者
彼らは主に諜報活動や諜略活動を任務とし、敵の情報を収集する影の立役者として暗躍した隠密集団です。全国では特に、伊賀の地に優れた忍術が発達しました。

戦国時代になると本格的に歴史の裏舞台に関わるようになり、江戸幕府に仕えた服部半蔵は伊賀をルーツとする人物として知られています。明治初期に入ると、その役割を終えることとなった忍者でしたが、伊賀には歴史と共に歩んだ忍者の文化が今もなお息づき、その世界を体感しようと多くの人々で賑わいをみせているのです。

 

auto-kqMy9N.png  auto-uhSvo5.png

 

  ▶詳しくはこちら!            ▶詳しくはこちら!    

前のページに戻る