伊賀牛のすき焼き

伊賀牛

 

霜降りが舌にとろける味わいが絶品の伊賀牛!実は松阪牛や神戸牛と肩を並べる上質の牛肉ですが、意外と市外では知られていません。

伊賀の特産の一つ『伊賀牛』は、伊賀産肉牛生産振興協議会の会員農家が飼育管理する、但馬の種牛の血を引く黒毛和種の雌の未経産牛で、最終肥育地として伊賀市・名張市において最長且つ12ヶ月以上飼養された食用の牛の事です。伊賀地域の、四方を山に囲まれた盆地特有の寒暖差のある気候が暑さに弱い牛の肥育にむいており、肉質の良い牛肉ができると言われています。また、昭和初期から昭和20年代にかけては、肥育にむいた気候と、清らかな水質に恵まれた伊賀の土地で、肉牛の素牛として育てられ、松阪方面や近江方面に出荷されており、近江牛の大半は伊賀の素牛であったとも言われています。

干肉 看板

 

その昔、伊賀忍者が保存食として、牛の肉を乾燥させた干し肉を携帯して食していたと伝えられ、この干し肉こそ、伊賀肉の元祖であるといわれています。また、1310年に発刊された、鎌倉時代に成った国産の牛の図説『国牛十図』にも伊賀牛の事が記載されています。明治38年に初めて肉牛として東京に出荷されて以来、伊賀牛の名声は全国に広がりました。伊賀牛は、約8割が伊賀管内の販売事業者が牛舎で牛を購買する生体での取引(生体販売)が行われています。また、伊賀産肉牛生産振興協議会から出ている認定看板は、直接牛舎に伊賀牛を買い付けたお店へのみ与えられる認定看板です。

金谷 もりつぢ

 

ほとんどが地元で消費され、出回ることが少なく希少価値が高い伊賀牛は、その芳醇な香りと鮮やかな霜降り、そしてとろけるような柔らかさから『肉の横綱』とも言われています。

市内各所のお店には、網焼きやコロッケなど様々な伊賀牛料理が揃っていますが、寒くなってくると食べたくなるのが「すき焼き」です。市内には、伊賀牛を取り扱う飲食店が多数ありますが、その中でも精肉店直営レストランですき焼きが食べられるお店を紹介いたします。精肉店直営ですので、食事の後にお土産として伊賀牛を買って帰れます。

【精肉店直営レストラン】

元祖伊賀肉 金谷

元祖伊賀肉 金谷[住所]伊賀市上野農人町434
[電話]0595-21-0105
[定休日]月曜(祝日の場合は営業)
[営業時間]11:00〜21:00
[Web]元祖伊賀肉 金谷HP

 

 

伊賀肉 森辻

もりつぢ[住所]上野車坂町821
[電話]0595-21-0505
[定休日]月曜(祝日は営業)
[営業時間]11:00〜15:00(LO14:20)
17:00〜22:00(LO21:00)
[Web]伊賀肉 森辻HP

 

 

▶上記店舗以外にも、伊賀牛料理を取り扱う店舗は多数あります。

▶伊賀牛について詳しくは『JAいがほくぶ 伊賀丸くんWebマガジン』をご覧ください

前のページに戻る