丁稚ようかん

 

昔から伊賀地方で親しまれてきた伝統銘菓丁稚ようかん

丁稚ようかんの名前の由来は諸説ありますが、江戸時代後期に丁稚が練り羊羹を作った後、鍋に残った羊羹に水を混ぜ、水ようかんのようにしたものを丁稚さんが好んで食べていたことから「丁稚ようかん」と呼ばれるようになったと云われています。

西日本の主に近畿地方に丁稚ようかんがありますが、京都や近江八幡などでは「蒸し羊羹」、福井や伊賀上野などでは「水ようかん」と地域によって異なります。

水ようかんと聞くと夏のお菓子ですが、伊賀では「冬のお菓子」として知られています。水ようかんより甘さが控えめで、舌触りと口解け感がよく、みずみずしい伊賀の丁稚ようかんは、蒸し羊羹と違い日持ちがしないため、冷蔵庫がなかった昔は夏場はつくっておらず、冬季限定のお菓子だったことや、10月に入ると新小豆が収穫されて味も香りもさらに美味しく味わえる、餡が一番美味しい旬の時期に作っていたことなどから、寒い冬に暖かい部屋でよく冷えた丁稚ようかんを頂くのが、元々の伊賀の食べ方だとか。

 

最近では、昔ながらの丁稚ようかんの他にも、趣向をこらした丁稚ようかんを販売しているお店もあります。

湖月堂-季節の雫

丁稚ようかんに季節ごとに変わる寒天とジュレをトッピングしたもの
 【湖月堂「季節のしずく」】

 

桃青庵ふじさき-珈琲でっち
○陶器のカップに入った珈琲味の丁稚ようかんにコーヒーフレッシュをかけてたべるもの
 【桃青庵ふじさき「珈琲でっち」】

 

つばや菓子舗-カップdeでっち
○小豆・抹茶・紫芋・黒ゴマ・ゆず・季節限定と、色んな味の丁稚ようかんがカップに入ったもの
 【つばや菓子舗「カップdeでっち」】

おおにし

昔ながらの丁稚ようかんも、それぞれのお店によって、甘さや固さが微妙に違いますので、食べ比べをして自分のお気に入りの『丁稚ようかん』を見つけてみてはいかがでしょうか?

【丁稚ようかん販売店】

店名 住所 電話番号 営業時間 定休日
朝日餅 伊賀市上野池町1349-6 0595-21-2875 9:00〜18:30 月曜日
いせや 伊賀市上野新町2755-2 0595-21-0615
0595-24-3684
8:30〜18:00 火曜日
(大安吉日・
祝祭日は営業)
御菓子司おおにし 伊賀市上野中町3009-1 0595-21-1440 8:00〜19:00 不定休
桔梗屋織居 伊賀市上野東町2949 0595-21-0123 8:30〜19:30 第2・4月曜日
(祝祭日は営業)
欣栄堂 伊賀市西明寺251 0595-21-0317
0595-24-7715
8:30〜19:00 元旦のみ
お菓子司
くらさか風月堂
伊賀市上野車坂町753-3 0595-21-2866 9:00〜19:00 水曜日
紅梅屋本店 伊賀市上野東町2936 0595-21-0028 9:00〜18:00 なし
伊賀の和菓子処
(名)湖月堂
伊賀市上野中町3028 0595-21-0880 9:00〜19:00 不定休
手づくり和菓子
すりもと
伊賀市阿保40-9 0595-52-0072 7:00〜20:30 日曜日
つばや菓子舗 伊賀市平田383 0595-47-0029 8:00〜19:30 月曜日
桃青庵ふじさき 伊賀市上野車坂町742 0595-21-0870 8:30〜19:30 第2・4木曜日
(有)伊賀菓庵山本 伊賀市上野魚町2887-2 0595-21-0915 9:30〜19:00 月曜日

▶数量限定や販売期間が限られている店舗もございます。詳しくは、各店舗へお問合せください。
 

前のページに戻る