豆腐田楽

わかや田楽

 

豆腐に味噌だれをつけて香ばしく焼き上げたヘルシーな伊賀地方の郷土料理『豆腐田楽』

四方を山に囲まれた伊賀地域は、昔は海の幸が手に入りにくかったため、貴重なタンパク源として
重宝されていたのが、豊富に採れる大豆を使ってつくる、豆腐や味噌でした。
伊賀地方では、お正月や花見など人が多く集まる時のご馳走として、自家製の味噌を
玉のように丸めて吊るし熟成させた「玉味噌」を豆腐に塗って炭火で香ばしく炙った
豆腐田楽をふるまっていました。

田楽 田楽

 

平安時代から室町時代までに、田植えの時に豊作を祈って笛や鼓を鳴らして唄い舞い、
田の神を喜ばせていた行事のことを「田楽舞い」や「田楽踊り」といっていましたが、
やがてその行事を専門とする「田楽法師」が現れ、寺院に奉納する行事となりました。

白い袴を履き、色のついた帷子(かたびら)を着て高足(こうそく)という竹馬のような高い竿に
つかまって踊る「高足の曲」という演目があり、豆腐に味噌をつけて串を刺した食べ物が
その時の田楽法師の様子に似ていたことから「田楽」という名がついたと云われています。

【田楽専門店】

田楽座わかや 店名 田楽座 わかや
住所 伊賀市上野西大手町3591
電話番号 0595-21-4068
定休日 月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
営業時間 11:00〜14:00
17:00〜20:00
HP 『田楽座わかやHP』

▶上記店舗以外にも、田楽料理を取り扱う店舗は多数あります。

前のページに戻る