伊賀鉄道 忍者列車

 

「忍者列車」とは、『銀河鉄道999』や『宇宙戦艦ヤマト』などで有名な漫画家・松本零士氏がデザインした、伊賀鉄道のラッピング列車の愛称です。平成21年12月から登場した「忍者列車」は、青色とピンク色そして平成24年3月より緑色が加わり、現在は三色の忍者列車が運行しています。

 

車内も趣向を凝らしており、「手裏剣柄のカーテン」や、青色とピンク色の列車のみですが、「忍者が見え隠れする扉」や「手裏剣柄の車内灯」が描かれているなど、忍者や手裏剣などが散りばめられており、乗客の目を楽しませています。また、伊賀鉄道200系201号(青色の忍者列車)の運転台側乗務員用のドアの横には、松本零士氏の直筆サインが書かれています。
名物◇忍者列車でござる!(伊賀鉄道(株))

上野市駅前では、伊賀鉄道のマスコットキャラクタ-の「ふくにん」や、伊賀市のゆるキャラ「にん太としのぶ」が描かれたフェンスが設置されています。

なお、忍者列車は常時運行しているわけではありませんので、運用については伊賀鉄道HPをご覧いただくか、ご乗車日の前日17時以降に上野市駅におたずねください。

▶詳しくは『伊賀鉄道株式会社HP』をご覧ください

>>伊賀線まつり

>>忍者のふるさと

前のページに戻る