種生神社秋祭御渡り

獅子神楽:伊賀市指定無形民俗文化財

【日 時】 10月最終の土日
      (2018年10月27日(土)28日(日))

【場 所】 種生神社 (伊賀市種生1278)

古くから種生神社に伝わる珍しい伝統行事の秋祭り
獅子神楽は江戸中期に敢国神社から伝わったもので、伊賀市の無形民俗文化財に指定されています。

渡御式(おわたり)は獅子神楽を先頭に神輿・こたつき(帆を模した旗)・相撲旗・氏子の行列・だんじりが100m先の御旅所まで練り歩きます。鹿島の神が種生の里にお越しになった様子を表現しています。山間部では大変珍しいといわれる舟形だんじりをはじめこたつきなどの行列が行われる様は伊賀の珍祭といわれ、毎年たくさんの人が見物に訪れています。

【宵宮祭】

 

 

10月27日(土) 18:30~ 祭典・奉納舞(舞姫・楽人(がくにん))獅子舞(出合・床並獅子神楽保存会)湯神楽・種生音頭・奉納太鼓(青山太鼓保存会)・ふるまい食・祇園ばやし

【例大祭】

 

10月28日(日) 12:30 大祭典
         13:30 出仕の儀
         14:00 奉納舞(種生獅子神楽保存会)
         15:00 渡御の儀(獅子・神輿・こたつき・相撲旗・舟形だんじり)

2018年の渡御式の前には馬駆(うまかけ)が行われました。
ふもとから神社に向かって3回駆けあがってきます。

【問合せ先】 博要地区市民センター 0595-55-2004

種生神社の紅葉

>>伊賀の祭り

>>イベントカレンダー

前のページに戻る