武家屋敷 赤井家住宅

国指定有形登録文化財

赤井家住宅は、伊賀市上野忍町にある武家屋敷を、みなさまにご活用いただけるよう改修した登録有形文化財(建造物)施設です。施設内には、城下町の佇まいを感じられる建物(主屋、土蔵、茶室など)や、従前の所有者が残された庭園を整備し、各部屋を貸し部屋として供用するほか、庭園は自由に観覧いただくことができます。

[住 所] 伊賀市上野忍町2491-1
[電 話] 0595-51-7578
[利用時間] 9:00~22:00
[休館日] 毎週水曜日、年末年始(12/29~1/3)
[駐車場] あり (無料裏に8台)
施設利用案内はコチラ

赤井氏はかつては丹波国黒井の城主でしたが、京都で蟄居していたところに藤堂高虎に召し抱えられ伊賀に来住し、千石の禄高で足軽大将に任ぜられました。上野忍町は、上野城下町の三筋町南一帯に広がる武家屋敷地で、赤井家住宅は南北に城下町を貫く中之立町通りの西側に位置しています。


長屋門は江戸時代末期に建てられたものです。


主屋は明治時代に建て替えられましたが、間取りは武家屋敷であったものを継承しています。

城下町のおひなさん」「灯りの城下町」などのイベント時には展示会場となり武家屋敷とARTとの調和された空間が広がります。

>>城下町の観光スポット

前のページに戻る