句碑の写真

 

1 2 3
一里は皆花守の子孫かや 明月の花かと見えてわたはたけ さまざまの事おもひ出す桜
4 5 6
さまざまの事思ひ出す桜かな・(併刻)春の日はやくふてに暮行 古池や蛙飛こむ水の音 よくみれはなつな花さく垣ねかな
7 8 9
畠うつ音やあらしのさくら麻 手はなかむおとさへ梅のにほひかな 古里や臍のをに泣としのくれ
10 11 12
家はみな杖に白髪の墓参り 香に匂へう掘る岡の梅の花・(併刻)うにの香も年ふる山の冬の梅 やまさとはまんさい遅し梅の花
13 14 15
しくるゝや田のあらかふの黒む程 蛇くふときけは恐ろし雉の声 新藁の出初て早き時雨哉
16 17 18
初さくら折しもけふはよき日なり 数ならぬ身となおもひそ玉祭り やかて死ぬけしきは見へすせみの声・(併刻)こゑに皆鳴しまふみや蝉のから
19 20 21
注曰従天謂道 自然 従道謂自然矣 東野芭蕉桑門 草臥て宿かる比や藤の花 月そしるへこなたへ入せ旅の宿
22 23 24
春なれや名もなき山の薄霞 冬籠りまたよりそはん此はしら 草いろいろおのおの花の手柄かな・Many Kinds of plants And each one triumphant In its special blossoms
25 26 27
高水に星も旅寝や岩の上 みのむしのねを聞にこよくさの庵 雲とへだつ友かや雁の生きわかれ
28 29 30
野ざらしを心に風のしむ身かな 古池や蛙とびこむ水の音 旅人と我名よばれん初しぐれ
31 32 33
俤や姥ひとり泣く月の友 行春や鳥啼魚の目は泪 閑さや岩にしみ入る蝉の聲
34 35 36
此秋は何で年よる雲に鳥 行秋や手をひろげたる栗のいが 旅に病んで夢は枯野をかけ廻る
37 38 39
うくひすの笠おとしたる椿哉 五月雨も瀬ふみ尋ねぬ見馴川 升かふて分別かわる月見かな
40 41 42
きてもみよ甚べが羽織花ごろも 月そしるへこなたへ入せ旅の宿 花を宿にはじめおわりやはつかほど
43 44  
城跡や何やらゆかし菫草※変造句 初しぐれ猿も小みのをほしげ也  

前のページに戻る