伊賀上野城・上野城跡

 

auto-MmJst6.伊賀上野城ok.png

城跡 国指定史跡名勝記念物
天守閣 伊賀市指定有形文化財

上野城は、白い三層の美しい城郭が鳳凰が翼を休める姿に見立てられ『白鳳城』とも呼ばれています。築城の名手『藤堂高虎』が1608年に伊勢国津藩(三十二万石)の藩主に着任し、五層の天守閣を建設しますが、慶長17年(1612)当地を襲った大暴風で倒壊。現存する天守閣は昭和10年に復元されたものですが、石垣と内堀は高虎が築城した当時のままです。

[住 所] 伊賀市上野丸之内106
[電 話] 0595-21-3148
[開館時間] 9:00〜17:00(入館は16:45まで)
[休館日] 12月29日〜12月31日
[入館料] 大人(高校生以上)500円  小人(小・中学生)200円
[障がい者割引入館料] 大人200円 小人無料
[団体割引]30名以上より適用 大人400円 小人150円
[駐車場] 有料駐車場あり
[交 通]  伊賀鉄道「上野市駅」から徒歩約5分
名阪国道「上野東IC」から北へ車で約5分

 
 城跡は昭和42年12月27日に国の史跡名勝記念物に、天守は昭和60年3月18日に伊賀市有形文化財に指定されました。天守台にある3層3階の天守は昭和初期築の模擬天守で、正式には「伊賀文化産業城」といいます。
 
 
 
内堀の石垣は30mという日本有数の高さを誇り、美しさも兼ね備えています。
また、この石垣は黒沢明監督の映画【影武者】のロケ地としても使われました。
 
 
 

三層からなる城内には、1階に藤堂藩ゆかりの武具や甲冑、2階に藤堂家の調度品や天守閣復興者川崎克氏の遺品が展示され、3階は天守閣復興を祝した横山大観をはじめとする名士の色紙46点が天井を飾っています。(格天井の大色紙)3階からは城下町の景観を一望することができます。

また、天守の東側には城代屋敷跡があり幕末頃を描いた「御城内絵図」と発掘調査の成果を照合し、建物の広がりを縁石やベンチ、植栽などで表現されています。

 

お城のまわり・・・真夏のライトアップイベント

上野城 お城まつり・・・剣道・弓道・和太鼓・菊花展などの催し

上野城 薪能・・・能楽創世 観阿弥生誕の地 伊賀上野で行う薪能

上野公園の紅葉

>>>伊賀上野城と城下町

詳しくは『伊賀上野城HP』をご覧ください!


大きな地図で見る

前のページに戻る